結婚したことを機に、それまで乗っていた軽自動車を売って、

乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまう

結婚したことを機に、それまで乗っていた軽自動車を売って、代わりに大型の車に買い換えました。
軽自動車なんかは売っても、二束三文だろうと勝手に思っていたのですが、見積もりを聞いて驚きました。
想像していたよりも随分と見積金額が高かったのです。
中古車を取り扱う業者によれば、軽はは人気があるので、高い値段で引き取ってくれるのだそうです。


中古車を売却する時に車の査定を高くする方法があります。

車を売りたいと思ったなら、とにかく早めに車の査定を受けることです。
車は新品であるほど高く売ることができます。


また、車査定をしてもらう前にキレイに車を洗車しておきましょう。
車外のほかにも、車内を念入りに清掃して、臭いを取るのも重要な秘訣なのです。査定は、新車の状態に近いほど査定額が良く、高価になります。



ワンオーナー・走行距離が少ないこと、改造でないと評価額が高くなることでしょう。


誤解が多いですが、車検がいつであるかということは査定額に関係がないことが全てではありませんが、ほとんどです。

また、査定するのも機械ではなく人間なので、心証が査定額を動かす場合があります。

自分の車を少しでも、高く買い取ってもらうには、いくつかの買取業者に車の査定を頼むことです。面倒くさいと言って、1つの業者にのみ、査定を行ってもらい、買取された場合だと、愛車が適切な価格で引き取ってもらえたのかが知ることができません。少し時間と手間をかけることで、大きな差がつくこともあります。
車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、一般好みされない車体色である、キズや汚れが車体にある、車の装備品が壊れている、車内のニオイなどがあります。特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定金額への関連が大きいと言えます。車体を修理されていると査定金額はとても下がってしまうでしょう。

必ずしもそうなるというわけではないのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。



所有者が個人であって、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。
個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに税理士に相談するなどして対応してください。
自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は一定の条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。



その気になる条件ですが、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。
さらには、還付金が生じるケースでも勝手に振り込まれるわけではないのです。

自賠責保険会社に対して自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。中古の車を購入する場合は、事故車を買ってしまう事のないように留意した方がいいと思います。
一応修理されているとはいっても、事故車は安全面に問題があることもあります。でも、一般人が事故車だと判断することは難しいため、信頼できる中古車販売のお店で買いましょう。中古車の下取り価格は走った距離によって大きく違ってきます。



例えば10万km超えの車だと買取下取り価格に期待は持てません。
だけど、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年で1万kmぐらいの普通自動車だったりすれば買取、下取り価格が高くなりがちです。

過去、走った距離が少ないと車の状態が良いとの判断となるわけなのです。

需要が高く、人気のあるクルマを売却する際には、査定を依頼しても、満足いく査定結果になることが多いですね。代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN-BOXや日産のセレナといった車種は買取でも人気のある車種です。ところが、買った時には人気のある車種だったとしても、査定の段階で他の車種に人気が奪われている事、しばしばあります。このような場合はむしろ低い買取額を提示されてしまう事があるようです。