結婚して生活が落ち着いてきたのを機会に、8年間乗ってきた車

車の取引を行う際は、さまざまな出費がついてくる

結婚して生活が落ち着いてきたのを機会に、8年間乗ってきた車を買い替えました。それは良いのですが、ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。下取りなんて初めてでしたし、提示された見積書の数字のまま、決めました。


家に帰って中古カーセンサー査定サイトを見ていたら、けっこうな高値で、車買取り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなといまだに後悔しています。

雪が降ったとき、車が滑り、フロントを電柱に衝突させてしまいました。



どうにかエンジンには被害が生じなかったのですが、そんな状況でも事故車扱いに変わるでしょう。

車のバンパーだけでなく、フロントのフレームの修復を行う状況となったため、修理費用がかなり掛かってしまいます。業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで買取対象となる車の査定をしています。未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。査定のプロが見るのですから、修理歴を隠蔽したところで一目瞭然です。
もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは普通自動車を売却しないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。
逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税は戻りません。

そうは言っても、税金の残り期間がかなり残っている場合は、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。
売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。



返済が終わっていない状態で車を売却する場合、残債を払ってしまわないと売却できません。ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、ローン会社の名義で登録されていることが多いのです。


売る際に残りの債務を完済できるのなら構いませんが、それが無理なら決定した査定額を使って残りの精算に回すという手段もあります。



ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、相手側の規約に則った手続きをする必要があります。プロが見れば素人がいくら頑張ったところで査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、査定担当者に不信感を持たせますし、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。それに事故歴や修復歴を偽るのは法律上では告知義務違反に相当する大問題で、バレたときには減額されたり、返金を求められます。


こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

買取業者に車の査定を頼みたいのであれば、とにかく便利なのがオンラインの一括査定です。
ただ一括査定をすると、営業の電話がどんどん入ったりメールでの案内も同様、ということはあらかじめわかっておきましょう。それが困るなら電話を着信拒否するために申し込みの時に携帯番号だけを入力し、メールも今回のためだけに使う捨てアドレスを利用します。
併せて覚えておきたいのは、ネットではない実物の車を査定する時でも一社にしぼらずいくつかの業者に頼むのが良い結果をうむでしょう。過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、万が一隠して買取査定に持って行っても一瞬で分かってしまうものです。


軽微な損傷であって、適切な処理が施されているならば通常の修理車と同様に考えないときもあるので、素直に話すことも重要でしょう。事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように査定額が付かないと言われてしまった場合には、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。なんらかの事情で車の買い換えを行う際、最近の流れとしては、専門の買い取り業者に車の査定を頼む人が大勢います。



ところで一つ気にしておきたいことがあり、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。車の売却をする際に、業者と交わす契約書の記載に買取査定規約というものがあり、事故歴の把握をしているのならそのことを申告する義務について記されています。ですから、事故歴を知っていて隠していた場合は、契約後、あるいは買い取り後であっても先方からの事後減額要求が通ることになりますから、事故歴は下手に隠さない方がいいです。
以前に私は車の買取以来をしてみたことがあります。


自分だけでなく、多くの売り手の方は価格を高く売りたいと考えるはずです。


それには車関係の雑誌やWEBでの買取サービスなどをりようして、相場を把握しておくことが大事だと思います。その結果、買取の査定価格が高くなる可能性が上がると思われます。