月別アーカイブ: 2017年2月

一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも無料

よく、ライフステージが変わる時が車の買い換え時期だということは言

一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも無料で出張査定に来てくれます。



暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、査定額が高くなりがちだと言われていますが、実際にはそれほどの違いはありません。 (さらに…)

業者に車を買い取ってほしいものの、なかなか時間がな

不動車は全く動かないため買取して貰え

業者に車を買い取ってほしいものの、なかなか時間がなく、お店まで行けないという方は、自分から出かけなくてもいい出張査定がお勧めです。出張査定にも別途費用がかかるのではないかと心配する方もいるかと思いますが、大抵は無料なので安心してください。 (さらに…)

父が十四年間乗っていたワゴン車を買い替えしよ

車の買取を利用する際には、複数の業者の査定を受けて、最も

父が十四年間乗っていたワゴン車を買い替えしようとしていました。知り合いである車業者に、父の車を見てもらうと、年数もかなり古くなっているし、質も悪くなっているので、廃車にすることを提案されてしまい、買取りを行ってはもらえませんでした。 (さらに…)

何社にも査定を頼んだのに引き取ってもらえなか

車の外観の傷というのは買取のための査定を行う時点で

何社にも査定を頼んだのに引き取ってもらえなかった場合、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。 (さらに…)

当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、ボディ

カーセンサー査定を利用するにあたり、動かなくなってしまった車であ

当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。



しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなことがあるのです。 (さらに…)

愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして

カローラといったらTOYOTAの代名詞といっても良い程、高い

愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を告げられることがあります。事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売却側が責任を取る必要がありますが、査定時に何か見落としがあったというならば自分が非難される筋合いはないでしょう。 (さらに…)